サブディレクトリのブログでアドセンス審査を通過した方法

2020年7月24日アフィリエイト

窓際のノートパソコンとコーヒー

アドセンスはサブディレクトリだと審査にすらかけられない。ルートドメインで審査を通過すればそのドメインのサブディレクトリにあるブログでもアドセンス広告が利用できるようになる。

今回は「サブディレクトリにインストールしたWordPressブログでアドセンス広告を利用したいのに審査にすらかけられないんだけど?」という人に向けた解説記事です。

サブディレクトリのブログでアドセンス審査を通過した方法

ポイントはルートドメイン。まずはドメイン直下に新しくWordPressをインストール。これは全然作りこむ必要はないので、デフォルトのtwenty系テーマとかでOK。

ルートドメインにWordPressをインストールしたら、以下のコンテンツを追加する。

  • トップページ
  • 運営者情報とプライバシーポリシー
  • フッターリンク
  • head内にアドセンスタグ設置

トップページ

トップページを固定ページで一つ作るかデフォルトの固定ページを編集。「ブログはこちら」とか書いてメインのサブディレクトリのブログのリンクを貼っておくだけでOK。

その固定ページを「設定→表示設定」からフロントページとして設定しておく。ちなみに固定ページがゼロだと表示設定のフロントページの項目が出てこない。

運営者情報とプライバシーポリシーページ

運営者情報とプライバシーポリシーページはすでにサブディレクトリのブログ内にあるなら新しく作る必要はない。まだないなら作る、作り方はこちら↓

アドセンスの審査通過に必要なWordPressブログコンテンツ

フッター

フッターに以下のページへのリンクを載せておく。サブディレクトリのブログ内にあるコンテンツに直接リンクを貼るだけでもOK。

  • 運営者情報
  • プライバシーポリシー

ちなみにドメイン直下のサイトに運営者情報とプライバシーポリシーページが明記されていればそれでいいので、サブディレクトリのブログにはこれらのコンテンツは作らなくていいしフッターに掲載しなくてもアドセンスの審査には通る。

head内にアドセンスタグ設置

アドセンスのサイト管理画面で「このタグを設置してください」みたいに言われるタグをブログのhead内に設置する。場所はとりあえず</head>の直前で。

まとめ

ドメイン直下に空のWordPressインストールしてちょっとリンク貼るだけだから簡単。もちろんサブディレクトリにあるブログは作り込んでること前提だけど。